大阪でリフォームをする時には問合せをしてみる等下調べは大事です

RENOVATIONS

質の高い睡眠を得るための寝室リフォームのコツ

寝室は毎日の質の高い睡眠を得るための重要な居室です。その寝室を効果的にリフォームするためには、何よりも明るさを上手く調節することが大切です。理想的な明るさは月明かり程度だと言われているように、眩しすぎると体内の交感神経が目覚めてしまい深い眠りを得ることができません。そのため、明るい蛍光灯ではなく、暖色系の間接照明などで目に直接光が入りにくいようにすることがおすすめです。
また、起床時には曇りの日の自然光くらいの明かりを感知すると体は起きる準備を自然に行えると言われているので、タイマー機能によって寝室内が徐々に明るくなるような照明機能を取り付けておくこともおすすめです。また、夜中に目覚めてトイレに行く際には、足元灯を設置するリフォームをしておけば転倒を防ぐこともできます。そして、暗い中では正確な距離感を得るのが難しいため、極力室内に凹凸を減らすようにして何かにぶつかってしまわないようにしておきましょう。
特に足元に段差などがあると非常に危険なので、壁収納やウォークインクローゼットなどを設置して、収納家具を置かないようにするのがおすすめです。これらのポイントを意識して寝室のリフォームを行うようにすれば、良質の睡眠を得やすい快適な寝室作りを行うことができるでしょう。

ピックアップコンテンツ

TOP